クアラルンプールのゴリ飯

今投稿しているのはMCOに入る以前に訪問した時のものです。あしからず。

美味しい麻婆豆腐を求めて、この日はKota Damansaraの大きなショップロットの中に入っている四川料理のお店にランチを食べに行ってきた。
IMG_20180626_125300
店頭でランチメニューがあったので麻婆豆腐を確認。

お店に入って12時過ぎ、まだこっちの人のピークの時間の前だったので、お客さんの入りはまだ3割ぐらい。お店の人は中国語のみ。

メイン、ご飯、スープ、お茶のセットで11.90リンギ。良い感じ!注文はもちろん麻婆豆腐。


IMG_20180626_123925

 やってきたのは日本のカレーライス・スタイルで盛り付けされた麻婆豆腐ライス。

早速食べてみると、ん~こっちでよくあるタイプの、辛さにキレがあるけど旨み・華山椒に物足りない味付け。美味しいしご飯にも良く合うんだけど、本場の麻婆豆腐、と謳う日本の四川料理店で食べた麻婆豆腐に比べるとどうもパンチが弱くて物足りないなぁ。

そんな訳でこの日もマレーシアで探し求める麻婆豆腐には出会えず。また探さないと。



何でもタイではデートスポットとして人気を博しているらしいココ壱番屋、通称ココイチ、日本ではよく行ってたけどマレーシアに来てからは店舗がPavillionの地下に1店舗、ここだけみたいなので1度しか行ったことがない。

平日の12時少し前、Pavillionの地下に行ってお店の前に着くと・・・客ゼロ。まあこっちの人はランチを1時ぐらいに食べる人が多いとはいえ、広々とした店内にお客さんが全くいないとちょっと不安になってきてしまう。

地下のフードコートを少しぶらぶらしてお店の前に戻ってみると何組かお客さんが入っていて一安心。


お店はハラル対応しているみたいなので、カレーも確かビーフカレーだったと思う。日本ではポークカレーが基本だから、そういやココ壱のビーフカレーって初めて食べるかも。


注文したのはグリルチキンカレー。3辛で。

IMG_20180323_125559

ご飯は日本から取り寄せてるのかな?日本で食べるのと違和感無かった。

でもカレーが・・・辛い!日本の3辛より全然辛い!これは店員のさじ加減なのか、マレーシアは辛い設定なのか、それともビーフカレーはそういうもんなのか。

次からは2辛にしておかないと。


以前は1 Utamaにもお店があったみたいだけど、マレーシアはカレー激戦区だからなぁ。お店増えてほしいなぁ。
 

Atriaモールの中に入っている客家料理のお店。

客家料理って・・・詳しくは分からないけど客家という中国の民族の料理で、台湾料理とも共通点があるらしい。ただ日本人にとってはスパイス、ハーブが効きすぎず、親しみのある味付けなので、客家料理のお店は何店か行ったけどどれも美味しくて外れが無い印象。ご飯に合う、ちょっと濃い目の醤油の甘辛い味付けが多いのも特徴。


こちらのお店はグループで行くと、グループ用のランチセットがあって、一人20~30リンギ出せばそこそこ豪華なランチになるのも嬉しい。


自分が行ったときは8人で6品、300リンギのちょっと贅沢なコース。人数多かったから個室に案内された。

青菜炒め、蒸した白身魚、鶏肉のクリームソース煮、三枚肉の角煮などなど、普段食べる中華のランチよりは1つランクが上の品々をお腹一杯食べられたので満足いくランチだった。




 

1 Utamaに入っているバナナリーフカレーのチェーン店。大きなモールの“中”に入っているバナナリーフのお店ってなかなか珍しい。

ランチでプロモーションがあったので平日12時過ぎに行ってみた。

1 Utamaは12時半を過ぎると平日でも駐車スペースを探すのが大変だけど、この日は12時ぐらいだったのですぐにスペースを発見。以前週末1時過ぎに来たときは駐車スペースが見つからずに諦めて帰った事もあるぐらい。。。

さてお店に着くとまだこっちの人にとっては早い時間帯なのでお客さんはちらほらといるぐらい。

注文したのはバナナリーフカレー、ドリンク付き、おかず1品選べて17リンギぐらい。おかずはチキン、カラマリ、小さい蟹のフライなど6種類ぐらいあった中でチキンを選択。
IMG_20180924_121645
カレーは4種類から選べたので、たしかチキンベースのカレーともう一つ何か忘れたけど選択。普通に美味しかったけどご飯の量が思いのほか多くて、危うく後半カレー不足になるところだった。

いわゆる普通のバナナリーフカレーのお店に比べるとおかずも量多め、だから当然値段も高め。味は正直それほど変わらず。

バナナリーフカレーを落ち着いたところで、冷房が効いているお店で食べたい人にはオススメかな。
 

PJにラーメン屋さんがあると聞いたので行ってみた。
IMG_20180706_130703

場所はSea Parkから車ですぐの小さなショップロットの一画。お店の人、少なくとも接客の人に日本人はいないみたい。お店の中はカフェみたいな雰囲気で、日本のラーメン屋さんとは全然違う、くつろげる空間。

注文したのはWEEKDAY LUNCH SET MENUから、札幌ラーメン、餃子、緑茶のセット。17.90リンギ。


まずやって来たのは札幌ラーメン。「札幌ラーメン」という響きが懐かしいというか、日本でも、札幌でもあまり最近聞かない気がする。
IMG_20180706_124314
まずはスープを飲んでみると・・・マレーシアで、いや最近ラーメンブームのマレーシア以外の海外でもここまで「とりあえず味噌を使って見様見真似で札幌ラーメン作ってみました」的な味わいのラーメンを食べたのが久しぶりで、ちょっと感慨深くなる味の札幌ラーメンだった。

このお店で他の種類のラーメンを食べたことがある人曰く、そのラーメンは美味しかったらしいので、この札幌ラーメンが外れだったのか、この日の出来が極端だったのか。。。
IMG_20180706_124030
日本風の焼き餃子。これ美味しかった!


また誰かが行きたいってなったら行くかな。

Sunway Mas Commercial Centerというショップロットにあるローストダック&チキンが売りのお店。

日曜日のお昼12時ぐらいに行ってみると・・・鴨が売り切れ!楽しみにしてたのに。。。
IMG_20180923_120620


そんな訳でお店の名前も忘れて、チキンライスを頼まずドライ・ヌードルとローストポーク&ローストチキンを注文。

ドライのヌードルは甘辛いソースが絡まったジャンキーな味わいだけど、麺のコシがあって結構好きなタイプ。
IMG_20180923_121417

ローストチキンは身がジューシーで皮に旨みたっぷりで美味しかった。ライスも食べたくなったので一杯注文して同行者とシェア。あっさりだけど良い香りのチキンライス。
IMG_20180923_121412

ローストポークは外はカリッと、中はジューシーなんだけど皮の部分の塩がちょっときつい。ワンタンスープも頼んだけどこれもローストポーク同様、ツルンとした食感だけど中の餡の塩気が強め。


そんな訳で次に行くならローストダックとローストチキン/チキンライスの組み合わせかな。
 

Kepongの奥の奥、ショップロットというより倉庫街と言ってもいいようなところにポツンとある食事処。
IMG_20180925_122549

平日12時過ぎに行くとピークの時間より早めだったみたいで、お客さんはまだ数組。

注文したのは”Hot Item”とタグのついたPrawn Mee。大で7.50リンギ。熱いお茶が50セン。メニューは他にもカレーラクサ、チリパンミー、ポークヌードル等々。ここは麺の専門店みたい。


5分ぐらい待っていると蝦麺が目の前に。
IMG_20180925_123015


まずは辛味噌無しでスープを飲んでみると海老出汁の香りが良い感じ。ただちょっとパンチが弱い。辛味噌を溶かすと辛さ、コクも増すのでオススメ。

具材はフィッシュケーキ、エビ、ポークスライス、揚げ玉ねぎ、もやし、青野菜ちょこっと。麺は普通の中華麺で茹で加減、歯ごたえもごく普通。


ん~悪くは無かったけどわざわざまた食べに行くかと言われるとそれは無いかな、って感じ。近くにあれば嬉しいんだけど。
IMG_20180925_124207

Atriaのショップロットにある点心のお店。漢字で”錦選”と書くので周りの日本人の間では「きんせん」て読んでるレストラン。

こちらは街の庶民的な、冷房もついていないオープンスペースの点心のお店に比べると、ちゃんと室内で冷房も効いていて、お値段的にもちょいと高めな印象。

あれ、でもこのお店は外にもテーブル出してる時あったな。お昼は外で食べたら安くなる?


注文するときはリストに数量を書いて店員さんに渡すだけなので中国語が話せなくても無問題。

小籠包、蝦餃子、腸粉、焼売などなどお馴染みのメニューは普通に美味しい。特に小籠包はめちゃくちゃ美味しい訳じゃないけど、スープがこぼれてしまっているお店が多い中、ちゃんと熱々のスープが中に入っているだけで高評価。

まあこういうお店は最低でも4人ぐらいで来て(大体点心は3つずつだけどw)色々食べたいね。



自宅から車で15-20分ぐらいのところにあるKepongのカフェ。KLに来てから一番訪問した回数が多いのがここのカフェだと思う。
IMG_20180925_141458

場所はケポン、静思堂という、おそらく台湾の仏教系新興宗教のお寺が経営していて、お寺の敷地内にこのカフェがある。
IMG_20180925_141405

いつも車で敷地内に入り、警備員に「カフェ」と告げて裏手に回って地下駐車場に車を停めてカフェへ。駐車場は地下への入口から見て右奥が空いてて、またカフェにも近いのでオススメ。
IMG_20180925_141440

ドリンクは6-9リンギぐらい、コーヒーやお茶の他に、抹茶ラテやほうじ茶ラテがあってそこそこ美味しい。ラテは8リンギぐらいだったかな。

IMG_20180925_141636

このカフェの良いところは、

・車がいつでも無料で停められる。雨が降っててもほとんど濡れずにお店に入れる。
・ネット、電源完備
・座席数が多いので、満席になることはほぼない(日曜日だけは参拝の人で駐車場いっぱいになる)
・一人で勉強、読書してる人が多いので長時間いても無問題
・冷房控えめ(長袖要らないレベル)
・トイレ綺麗、さすが宗教施設
IMG_20180925_142139

友達とおしゃべりしに行くには向いてないかも。かなり静かなので。

PJにも支店があった気が。そういやKuchingに行ったときもあったなぁ。さすが(新興)宗教。

Sunway Medical Centreの向かい、まだ新しくてテナントも半分ぐらいしか入っていないモールの中に入っているタンドリーチキンが有名なレストラン。

元々KL Sentralにあった時から行きたいと思っていたら、いつの間にかSunwayに引っ越してたので、この辺に用事があった時にお昼を食べに行ってみた。

お店が入っているのはモールの地上階。このモールは吹き抜けなので店内は冷房が効いてるけどお店の外は冷房無し、でも最近涼しいから外でも全然問題なし。こっちの人は長袖だしね。

そもそもこのお店の事を知ったのが美味しいタンドリーチキンを調べてたのがきっかけだったので、もちろんタンドリーチキンを注文。残念ながらランチセットにはタンドリーチキンは入ってないので単品で。4PCで18リンギ。

ランチセットは5種類、チキン、マトン、ベジタリアン等々あった中でインドのチーズ、パニールを使ったカレーのセットがあったので注文。15リンギだったかな。
IMG_20180921_124326

タンドリーチキンはジュージュー言わせた熱々の鉄板の上にのってやって来た。早速食べてみるとん~美味しい。間違いの無い、このタンドリーチキンの味わい。ただポーションが小さかったのと、ジューシーさにはちょっと欠ける気が。
IMG_20180921_124647
ランチセットのほうはパニールのカレーがまろやかで旨みたっぷり、この日食べた中で一番美味しかった。パニールは作り方簡単そうなので自分で作ってみようかな。


タンドリーチキンはマラッカで食べたのが、マレーシアではダントツで一番美味しかったなぁ。KL近辺でどこか美味しいとこないかな。。。



Atriaのそばのショップロットにあるお店。

お店の名前からするとフィッシュヘッド・ヌードルがイチオシらしいけど、ここに来たら頼むのがKong Nam Mee(金牌江南麺)これが味もスタイルも日本の皿うどんそのまんま。

麺はもちろん揚げ麺でパリパリの食感、具材、味付けもほぼ日本の皿うどんと変わらないかな。豚のモツ(レバーは無し)が少し入ってたりするけど。

他にもお店の名物、Treasure Box Claypot Lou Shi Funは宝盒瓦煲老鼠粉、という宝箱なのか老いた鼠の粉なのか、理解し難い一品だけど食べてみると食感の面白いちょっとジャンクな麺料理。

スターリンモールのショップロットにも支店があるので皿うどんが食べたくなったらオススメのお店。

スターリンモール周辺のショップロットに入っている韓国料理屋さん。オープンしたのがたぶん2017年末か2018年の早い時期だったと思う。

お店に入るとかなり小奇麗な内装、オープンしたてだから当然といえば当然だけど。

ランチは20リンギぐらいでビビンパやプルコギなど一般的な韓国料理が食べられる。周りのおそらく韓国系のお客さんは昼から焼肉食べてる人もいた。焼肉はそこそこの値段がしてた気がする。

注文したのは石焼ビビンパ。すると韓国レストラン恒例の前菜が出てくるんだけど、ここのは種類が多いしどれも美味しい!もちろんおかわりもOK!

そんな訳で前菜をパクついていると石焼ビビンパが目の前に。ビビンパ自体は特記することもない、普通に美味しいビビンパ。おこげもバッチリ。


更に更に嬉しいのが、入口横にあるアイスクリーム。これがなんと食べ放題!もちろん良い大人なので食べても1つだけだけど、子連れには喜ばれるサービス。


 ただ・・・3回目にランチに行ったとき、オーナー(もしくは店主)が明らかにやる気を失っていて、店員のサービス、前菜の質(めちゃくちゃ美味しかったキムチが並みのキムチに変わってたのはガッカリ)、数、全てが低下していたのでそれ以来もう行っていない。たぶんもう行くことも無い。

Suganb Jaya、SS15にあるフローズンヨーグルトのお店。焼き鳥屋さんSumi-Kaの向かい。

フローズンヨーグルトって響きが、昔からアイスクリームよりちょっと健康的で罪悪感が半減するから好きで、TCBYとかたまに行ってた記憶が。昔心斎橋にお店があったなぁ。

こちらのお店はカップの大きさ、ソース、トッピングを加えていって自分のオリジナルを作っていくスタイル。フローズンヨーグルト自体は1種類しかないみたい。
IMG_20180906_202557

フローズンヨーグルト、紫色してるけど・・・チョコレートソースかけちゃったからイマイチ味が分からんw トッピングはナタデココ。

美味しかったけど、もうちょっとシンプルに、ヨーグルトのさっぱりした味わいが分かる方が好きかな。


 

おそらくマレーシアでナシレマといえば一番に名前が挙がるのがこちらのビレッジパーク。

スターリンモールがあるショップロットの北東にお店があって、いつ行っても、いつお店の前を通ってもお客さんがたくさん入っているお店。
IMG_20180919_070736

調べてみたら朝も営業しているらしいので、これは朝行けば並ばなくてもいいんじゃないか?と思って朝7時過ぎにお店に行くと駐車場もお店の近くで停められて、お客さんはすでにそこそこ入っているものの行列無し、テーブルも空いてる!

そんな訳で久しぶりのナシレマとテ・シ・コソン(ミルクティ砂糖なし)を注文。
IMG_20180919_070920

すると料理が並ぶカウンターの横に並んでいた作り置きのナシレマが5秒で目の前に。。。

食べてみるとフライドチキンがまだ熱かったので一安心。

IMG_20180919_071111

改めてこちらのナシ=ライスだけ食べてみるとココナッツミルクの風味がかなり強く感じられて美味しい。サンバルも混ぜると尚旨い。下味って大事ね。


そしてピーナッツ、小魚、フライドチキンを混ぜ混ぜして食べると、ん~美味しい。他にもナシレマの美味しいお店はあるけど、ここはいつ来ても本当に美味しい。

フライドチキンは外パリパリ中はジューシーで唐揚げに近い、日本人にも馴染みのある味付け。


ナシレマ10.50リンギ、ミルクティが3.10、計14.40リンギ。ナシレマにしてはまあまあ良いお値段するけどやっぱり美味しいからまた行ってしまうんだろうな。



 

PJのTaman Bahagia駅の近くのショップロットに入っている小さなホーカーセンター。他にはタイ料理の屋台もあったかな。

こちらの屋台は料理の写真がたくさん貼付されていたので、その中からふと目に留まったオムライスっぽい一品、芙蓉蛋飯を注文。蛋=玉子っていうのは分かるけど芙蓉はどういう意味なんだろ?

10分ぐらい待ってオムライスが目の前に。
IMG_20180813_205407

食べてみると玉子の中には野菜やハムが入っていて、ちょっと塩気の効いた味付け。天津飯(っていうの日本だけらしい)みたいに餡がかかって無い上に中は白飯だから、少し塩気が強いほうがありがたい。

日本のケチャップの味付けのオムライスも美味しいけど、これはこれで美味しいなぁ。たぶん外れの無い一品だろうから、迷ったときにはオススメの一品。
 

パラダイムモールの2階にあるお店。一度前を通ったら10人ぐらい並んでいたので、空いてる日に行ってみた。

スープが4種類、トマト、野菜系、トムヤム、チリペッパーの4種類あって、そこに具材をトッピングしていくのがこのお店のスタイル。

この日はトムヤムスープに豚バラのスライスをトッピング。サイドディッシュに揚げ餃子も。
IMG_20180805_192339

スープは辛酸っぱい、トムヤムクンのスープでココナッツミルクが入っていない分まろやかな風味がないけど、その代わりにさっぱりした後味。豚バラのスライスはたくさん入っていたけど、もう少し薄切りの方が好みかな。

揚げ餃子は外パリパリ、中はふっくらで良い感じ。


行列が出来るほどの人気の理由は、正直このトムヤムヌードルからは伺えなかったけど、普通に美味しかった。また他のスープを食べに行こうかな。


The Starling Mallの中に入っている日本のつけ麺屋さん。三ツ矢堂製麺っていう関東で何店舗か出しているお店のマレーシア一号店。


お店の前を通るたびにどんな感じなのかな?と思っていたのでお昼時に入ってみた。

ちょっと遅い時間に行って、お客さんの入りは半分弱ぐらいかな。いつもそこそこ人は入ってるけど大人気、って訳ではないみたい。

注文したのはオリジナル・柚子・つけ麺。おそらくお店のイチオシというかスタンダードな一品。25リンギぐらいだったかな。


10分ほどしてつけ麺登場。
IMG_20180402_132227

麺のコシの強さ、茹で加減はさすが。これだけの太麺をこの強さのコシで食べさせる麺屋はKLにはそうそうないはず。

豚骨ベースの濃厚なスープは旨みが感じられて、後から柚子の香りが口の中に広がってきて美味しい。日本でここのつけ麺は食べた事ないけど、おそらく日本の味との差は少ないはず。


でもここまで日本の味に近いと、自分の好きなつけ麺と比較対象になってなぜか物足りなくなるこのジレンマ。完全に現地化してしまったら、それはそれで受け入れられたりするんだけどw


でもつけ麺で日本クオリティのお店ってここぐらいしか知らないのでまた行ってみようかな。

この日はCheras、でいいのかな?KLから南東、Taman Desa Bukit Cahayaというエリアのショップロットに入るこちらのお店へ。
IMG_20180920_122329

12時過ぎにお店に入るとお客さんは半分ぐらいの入り。おばちゃん達5人で切り盛りしてる。

こちらのお店はペナン料理のレストラン。ヌードルがペナンホワイトカリーミー、プラウンミーなど5種類、全て8リンギ。せっかくなのでペナン名物のペナンホワイトカリーミーを注文。麺は選べたのでミーと米麺のミックスで。
IMG_20180920_120407

ドリンクはハーブティーがあったので頼んでみたら、ほのかに甘くてそれよりさらにちょっとだけほろ苦さもあるけど飲みやすい、美味しいお茶だった。なんのハーブだったんだろ。
IMG_20180920_121339

やってきたのは白いスープのカリーミー。チリペーストがレンゲにたっぷりとのっていて、それを溶かすと真っ赤なスープに早変わり。そのスープ、ココナッツミルクのまろやかさとサンバルの甘辛さ、それにスープの旨みが合わさって美味しかった。IMG_20180920_121429


具材は貝の煮つけ、エビ、油揚げ、さつま揚げ、豚の軟骨などなど。豚の血のゼリーも入れる?って聞かれたけど苦手なので頼まなかった。エビは小さいのが1~2つだったのでおまけだね。


麺はミー、米麺ともに可もなく不可もなく。この2種類の麺のミックス、慣れるとちょっとお得な感じがして良い。

美味しかったのでまた今度はこれまた好物のプラウンミーを食べに行きたい。遠いけど。


隣のパン屋(ドアがあって行き来できるから経営者一緒?)も、ハード系のもあったり、日本の原料を使ったエッグタルトを買ってみたけど美味しかったので、こちらもオススメ。
IMG_20180920_122423

KLに山ほど中華料理があるのに意外と少ないのが四川料理のお店。

たまに辛いの、というよりあの華山椒の痺れが恋しくなって食べたくなるので、色々と調べてたどり着いたのがこちら、川香阁。 

平日のお昼過ぎにお店に行くと、お客さんは半分ぐらいの入り。確かランチセットが無いお店なので、お昼はお客さん少ないのかも。

注文したのは定番の四川麻婆豆腐、そして水煮魚などなど。

麻婆豆腐は辛さ、痺れは満足いく出来だけど、旨みが足らないのでどうも物足りない味付け。
IMG_20180610_131158

KLで何店かで麻婆豆腐を食べたけど、どこも上記感想になっちゃうんだよなぁ。これが本場の味、って事なんだろうか?それなら日本で食べる本格的な四川麻婆豆腐の方が好きだな。どっちが本格的なのかは不明だけど。

IMG_20180610_125917

水煮魚は、白身魚を唐辛子、華山椒などのスパイスとオイルでグツグツ煮込んだ四川の定番料理。写真では見えないけど、大量の唐辛子の下に白身魚が丸々1匹隠れてる。

これを食べると辛さと痺れが口の中で暴れまわるのに、なぜか爽やかな風味が口の中に残るこの感じが爽快。これはまた次行った時も食べたい。


他に野菜炒めやらなんやら頼んで満足のいくランチだった。

リニューアルしたParadigm Mall、このお店は前からあった・・・のかなぁ。よく覚えてないけど、リニューアルしたお店が地下、テスコの向かいに出来てたので行ってみた。
IMG_20180923_195433

このお店、どこかで見たことあるなと思ってたら1Utamaや他にも10店舗ぐらいKL、PJにあるみたい。
IMG_20180923_192709
プルコギ、ダッカルビ、もちろんトッポギのある中で注文したのは石焼ビビンパ。牛肉で。お茶も注文したんだけど、なぜか無料だった。

10分ほど待って自分の番号が呼ばれたのでカウンターでビビンパのトレイをピックアップ。トレイが2つあるのは効率悪くないかい?石焼ビビンパ重たいから1つずつしか持てないからカウンターとてテーブルを2往復・・・
IMG_20180923_194340
韓国料理には必須の前菜はちょっと寂しいけど、まあチェーン店なんてこんなもの。

さてこちらの石焼ビビンパ、ジュージュー言わせておこげもちゃんと出来ていて良い感じ。まあ普通に美味しかった。

他にも美味しい韓国料理店はいっぱいあるけど、モールで手軽に韓国料理が食べられるのはありがたい。 

この日はKepongのイオンBIGの大通りを挟んだところにあるショップロットの屋台へ。

行ったのは土曜日のお昼過ぎ、ラッキーなことにお店の近くに車を停められたけど、ここも駐車場探すの大変そう。。。

お店もそこそこ混んでいて、写真が貼ってあったXO海鮮米麺を注文。結構な値段したのでびっくりしながらも支払って、近くのテーブルを確保。20リンギ以上したなぁ。。。


10分ぐらい待って、浅いボウルに入ったXO海鮮米麺がやってきた。

海老!これか屋台飯なのに異常に高い値段の理由は!
IMG_20180714_131442

まずはスープを飲んでみると、すごくまろやか、というよりまったりとしたクリーミーな味わいのスープ。なんかご飯が欲しくなる味。ちょっと天下一品のこってりに似てる気がする。


海老は本当にデカい!プリプリの身と、ちょっとだけ味噌も残っていて濃厚な味わい。アサリは何個か砂を噛んでたのが惜しい。

麺はこちらクオリティのコシの無い残念な感じ。しかも米麺なので風味も食感も乏しい。

スープはかなり濃厚だったので。塩辛いのとくどいのとで半分ぐらい残してこの日のランチは終了。


ん~再訪はないかな。

日本でも少ないなぁと感じたけど、マレーシアではおそらく更に少ないのがメキシカン・レストラン。もしかしたらウエスタン・スタイルのお店のメニューにタコスやらブリトーが紛れてるのかもしれないけど。


そんな中見つけたのがSubang Jaya、USJ9にあるMEZCLA Burrito Bar。

壁一面にメニュー、トッピングなどが書かれているのでそれを見ながら注文してもいいけど、オススメは日替わりメニュー!10-12リンギぐらいでブリトー、ドリンク、チップス(もちろんコーンチップス!)がついてくるのでお得!
IMG_20180628_125930

この日は金曜日でラム肉の入ったブリトーだったけど、トレイを持つとずっしりと重くてボリュームが凄い。
IMG_20180628_130030
中にはラム肉の他に野菜やら豆のペースト、ライスなどなど盛りだくさんな上にあっさりめのサルサがたっぷり入っていて、久しぶりのメキシカンだったけど美味しかった。

そしてコーンチップスも揚げたてで思わずコロナが飲みたくなった。昼からコロナとか最高。。。


今度は自分でトッピング選んでみようか、でも日替わりメニューがお得すぎるからなぁ。
 

TTDIのウェットマーケット、といえば日本人には安くて新鮮で美味しい(マジで美味しい)豚肉で有名だけど、この日は朝からロティ・チャナイを食べに行ってきた。

お店の名前は「Aleef Caterers」 市場の一番上の階、階段を登って行くとすぐ右手にあるお店。


お昼前に行くと市場の下にある駐車場はいっぱいだけど、この日は7時半過ぎ、しかも雨だったからか普通に停められるスペースがあってラッキー。
IMG_20180918_075536

お目当てのこちらのお店に向かうと、このお店だけお客さんがいっぱい。

とはいっても並ぶほどではなかったので、テ・シ・コソン(ミルクティ、砂糖なし)とロティ・チャナイを2枚注文。。。お腹ペコペコで2枚頼んでしまった。計4.40リンギ。
 
お客さんが多かったので、ロティ・チャナイが出来上がるまで5分ほど待っているとお店の人が持ってきてくれた。
IMG_20180918_074331

まずはカレーをつけずに食べてみると、サクッとした食感とマーガリン&小麦の香ばしさが良い感じ♪ 焼き立ては何もつけなくてもガンガンいける。

ロティ・チャナイについてきたのはダルカレーとチキンのレバーが入ったカレー、そしてサンバル。カレーはまあまあ。やっぱり朝だからハチミツでもつけて食べたいw

ロティ・チャナイ2枚のうち、上の1枚は焼き立てだったけど、下のは焼き上がって5分ほど経ってたみたいで風味、食感が明らかに劣化してたのがちょっと残念。


この日の戦果品。結構大きなパッションフルーツ、9個で1㎏12リンギ。パッションフルーツはほとんど外れが無い(重いの選んどけば間違いない)から大好き。
IMG_20180918_082803


SolarisからDesa Sri Hartamasに向かう時のL字のコーナーのちょい奥、デッドエンドの手前にあるのがこちらのレストラン。


たぶんMont Kiaraに住んでても車で通らない位置にあるし、散歩でもしていないとお店の存在すら知らない人も多いんじゃないかなぁ、と平日12時過ぎに他に誰もお客さんがいないのを見てふと思ったので、別の日にランチに行ってきた。


お店の中はいかにも都会のカフェ・バーって感じ。どっかの成金が利益度外視で自分が夜に通う目的で作ったのかも、など根性悪い事思いながらメニューを見るとランチはフュージョン系の丼ものかパスタ。お水がついて20リンギぐらいだったかな。
IMG_20171215_122700

注文したのはから揚げ丼。。。行ったのかなり前で、味は覚えてないけど丼はもう注文しないと固く誓った事は覚えているので根本的にダメだったんだろうと思う。

雰囲気は良いので遅い時間に軽く一杯なんて使い方が良いのかも。
 

Mid ValleyとBangsar Villageのちょうど真ん中にポツンとある、なぜかオシャレな一角。その中に入っているのがKaiju Companyというレストラン。なぜに怪獣?

お店の中も東京、原宿辺りにあっても違和感のない雰囲気で、客層も含めてちょっとスノッブな感じは否めないw

メニューを見ると和食xタイ料理のフュージョンがメイン。ハワイアン・怪獣ライスって何がなんだか。

注文したのはトムヤム・うどん。
IMG_20180425_121447

これがスープは甘辛酸っぱくてコクのある味わいで旨い!けどそれ以上に辛い!こんなに東南アジア色薄めなお店で、たぶんKLで食べた中で一番辛いスープが出てくるとは思わなかった。

他のメニューも美味しそうだったけど、どういうシチュエーションでちょっと高めのスノッブなタイと和食のフュージョンレストランに行くのかが迷うなぁ。
 

Bangsarの丘の上、泣く子も黙る?高級ショッピングセンター、Bangsar Shopping Centreの中に入っているThe Ming Roomにランチを食べに行ってきた。

予約しておいた方がいいとの事で12時に予約して行くと、お店の前に空席待ちのお客さんを数組見かけたので、平日のランチでも予約必須みたい。

夜はかなりいい値段のコースもあるみたいだけど、点心は庶民的なレストランに比べれば高いけど、そこまででもない感じ。何軒か行った点心のお店の中では高いけど。。。

お店の中はほぼほぼ満席でメチャクチャ活気あり。店員の数が多くて、温かいお茶を頼んだんだけど、コップの半分いかないぐらいまで飲むとすかさずお茶を注ぎにやって来るのが他所のお店と違いすぎて困惑w
IMG_20180803_123233
注文はメニューを見て、紙に点心の番号と数量を書いて店員さんに渡すスタイル。

点心はシュウマイ、腸粉、蝦餃などなど定番品を注文。小籠包を注文したはずが間違えて点心の入ったきのこのスープが来たけど、それはそれでとても美味しかったので満足。

もうお腹いっぱいになってしまったので小籠包を注文できなかったのが心残りだけど、点心はどれも美味しかったので満足。

お酒は飲まずに点心を5人で7~8種類x2(1皿3つ)で200リンギぐらいだったかな。次こそは小籠包!
 

こっちでよく見る、と思ってたけどお店のHPみたらそんなに店舗数多くなかった、単純に自分の行動範囲と被ってたwカキ氷屋さん。

SnowFlake、漢字で「雪花栈」。台湾のカキ氷ってこんな感じなので台湾の会社かと思ってたけどどうなんだろ?案外地元のチャイニーズが始めたのかも。

Subang Jayaの支店はショップロットの2階。夜9時頃、外観はあまり目立たないのに階段を上ってお店に上るとお客さんいっぱい。さすがに若い人多いね。


メニューを見るとけっこうボリュームありそうで、夜ご飯食べたところだったけど・・・3人で2つ注文!

1つはマンゴーの、もう1つは仙草という漢方のゼリーが入ったカキ氷を注文。
IMG_20180816_204636

10分ぐらいして出来上がったのでカウンターに取りに行ったけど・・・やっぱりデカイw マンゴーの方はカキ氷の他にカットされたマンゴー、豆乳シャーベット、噛み応えのあるタロイモの餅などが入っていてボリューム満点。こりゃ一人で完食は無理・・・でもないけど量すごいな。

仙草のカキ氷はゼリーがたっぷり入っているからマンゴーよりもあっさりめ。でもこちらもタロイモの餅がたくさん入っているので意外と腹にたまるかも。


2人で1つで十分満足できるボリュームのカキ氷。美味しかったのでまた今度は抹茶味も食べてみたい。

Subang JayaのTaipan Business Centreというショップロットの中にあるバナナリーフのお店。

お昼ちょっと過ぎにお店に到着。ここはバナナリーフのお店にしては、というと失礼だけど店内に清潔感があり、窓際に座ったこともあって隣とのテーブルとの距離も程よくてリラックスできる雰囲気のお店。

注文したのはバナナリーフカレーとマトンのカレー&イカのカレーだったかな。

カレーは3種類、チキン、シーフード、豆カレーの中からチキンとシーフードを選択。
IMG_20180713_120846

この日は久しぶりに指で食べることに。マジで久しぶり。

だからかも知れないけど、いやでもこのお店のカレーは本当に美味しかった。最初はカレーだけ、その後は野菜も混ぜて食べると酸・旨・甘・塩・苦にもちろん辛味も加わった重層的な味わい。

追加で注文したマトンとイカのカレーも、もちろんバナナリーフのカレーとは異なる味わいで美味。


バナナリーフが8リンギ、マトンとイカも10リンギ、ぐらいだったかな?それにドリンク注文して2人で行って1人20リンギぐらいだった気がする。
 

再訪はもちろんアリアリのお店。


スバン・ジャヤのSS15にあるパンミーのお店。

KLやPJにも支店がいくつかあるので何かと便利。HPみたらシンガポールにもお店があるらしい。


ここに来たらいつも注文するのがChilli Pan Meeのドライ(汁なし)
IMG_20180414_122437

注文するとこの麺と、なんか葉っぱ?の入ったあっさり味のスープがセットで出てくる。1人だとこれで十分だけど、何人かで行くときは餃子や揚げワンタンもオススメ。


このパンミー、麺の上にそぼろ肉、半熟卵、ドライアンチョビ、揚げ玉ねぎなどが乗っていて、テーブルの上に置いてある画面真ん中のチリ・ペーストをお好みで加えて混ぜ混ぜして食べると美味しい!

 日本のこういうのって混ぜそばって言うんだっけ?それに比べると麺のコシや味わいで少し物足りなさは感じるけど、十分満足できるレベル。

辛さは調整できるし、日本人に受ける味付けだと思う。


シェラトンのすぐ横、Peter Hoe Beyondなどのオシャレな雑貨屋さんが入るショップロットの1階にあるニョニャ料理のレストラン。

お店の中はアンティークな雑貨が飾られていて、このエリア”らしい”雰囲気。お客さんもこの辺りで働くホワイトカラーが多い印象。
IMG_20161207_122132
このお店に来た目的は曜日限定のラクサ。他のレビューを読むと、今は月水金にラクサを提供しているみたい。

人気のお店でラクサも売り切れる事があるらしいので、ラクサ目当てなら早めにお店に着いた方がいいのかも。
IMG_20161207_122711

その名物のラクサは太麺、細麺、どちらも入っている日本ではなかなか見ないスタイル。細麺の方は米麺だったかな。

スープは辛旨で出汁をしっかりとっているからか、味に深みがあって美味しかった。途中から写真真ん中のカラマンシーを絞ると辛旨に酸味が加わって爽やかさな後味。これはこれで美味しいなぁ。


この辺りはあまり用事がないからたまにしか食べに行けない、だからいつもこのラクサしか注文してないw 他のも美味しそうなメニューあるんだけどね。


Plaza Mont Kiaraの中に入る、新しい韓国料理屋さん。オープンしたの今年だったっけな?

お昼過ぎに行くとほぼほぼ満席。ちょうどこの辺のオフィスの人たちのランチタイムと重なると、プラザモントキアラや1モントキアラのお店はどこもかなり混んでしまう。

ランチはセットメニューがあったのでダッカルビのセットを注文。20リンギぐらいだったかな。
IMG_20180326_125854

小皿はキムチ、ブロッコリーの和え物、カボチャの炊いたん、ナムル。それにスープと白ご飯がついてくる。


ダッカルビは鉄板の上に乗ってやってきたんだけど、なんかぬるい。鉄板も熱くない。だから美味しくない。鉄板で出す意味ある?

そんな訳で始めからテンションだだ下がりで、鶏肉はちゃんと中まで火が通っている事を確認しながらお腹の中に押し込んだこの日のランチだった。

当然ながらもう行く事は無い。